customer 焼酎ガイド

知って飲めばもっと美味しい HITEJINROの酒類常識ガイド

知って飲めばもっと美味しい焼酎

焼酎の歴史

  1. 01 焼酎という蒸留酒は10世紀頃、アラビアの錬金術師よって伝えられた蒸留方法でアルコールが製造された、と言う記録があります。韓国には高麗後期にモンゴルを介して伝わったと言われています。
  2. 02 勿論、当時の焼酎は蒸留式焼酎で、現在の希釈式焼酎は19世紀に連続式蒸留機が発明された後の韓国合併の際に韓国に酒造工場が初めて設立され、作られ始めました。

焼酎が美味しい温度

殆どの焼酎は冷やして飲みます。しかし冷たすぎると味覚が鈍くなり、焼酎本来の味を吟味できなくなります。
8〜10℃で飲むと冷たく、美味しくお酒を味わうことができます。 * 4~5℃(冷蔵庫)で冷蔵された焼酎を取り出し注ぐと、二番目のグラスの温度が8~10℃になります。

資源節約のための空き瓶リサイクル、これだけは必ず守ってね〜
- 内容物がない状態でリサイクルに出してください。
- タバコの吸殻、ごま油などの異物を入れないでください。
- 空き瓶を割らないでください。
- 色別、製品別に分別してください。
- 空き瓶に蓋をしてください。
* 以上を守らない場合はリサイクルが難しく、資源節約と環境保護の妨げになります。

自分に合う焼酎

竹炭で4回濾して露のようにキレイな焼酎 – チャミスルFRESH
焼酎本来の味わいが生かされた焼酎らしい焼酎- チャミスルオリジナル
竹炭で4回濾して更にスッキリとしたのどごしに仕上げました。二日酔いを引き起こす物質を取り除き、飲んだ時の口当たりはまろやかで朝の目覚めは爽快です。
超すっきり味とセンス溢れるパッケージで帰ってきた焼酎の元祖 – 眞露
眞露ならではの焼酎の元祖ヘリテージを現代的な感性で再解釈したスカイブルーカラーのデザインと、16.5度のまろやかでスッキリとしたのどごしで「超すっきり味」を実現しました。
100%純米原液で造ったプレミアム蒸留式焼酎 – Ilpoom JINRO
1924年から引き継がれてきた国内最高の醸造技術が醸し出した名作プレミアム焼酎です。冷凍ろ過工法で不純物を取り除き、中間蒸留原液を使用して深みとコクに滑らかさをも加えました。
元相の品格を守る焼酎の正統 – JINRO Gold
JINRO Goldは超精密ろ過処理で清らかな味を有しています。 発売以来93年間、全国的に愛され続け、焼酎の正統という命脈を引き継いでいます。
消費者の選択 – Hite焼酎
大韓民国代表焼酎チャミスルは地域別のお客様の好みに合わせたハイト焼酎を製造・販売しています。ハイト焼酎は100%ミネラルウォーターとキレイにろ過された酒精を精製し、すっきりとした味わいになっています。

気分良く、気軽に飲めるお酒

気持ちよく桃色 – Jinro TokTok Peach、Jinro TokTok Pineapple
シュワッ!シュワッ!弾ける炭酸に乗って爽やかな甘酸っぱさが口いっぱいに広がるJinro TokTokは誰でも美味しく楽しめます。アルコール度数も3%と低いので飲み会などでも気軽に飲める商品です。
爽やかな気分、美味しい露 – Jinro Grapefruit, Jinro Green Grape
女性に愛される果物グレープフルーツと、疲労回復に効くマスカットが韓国焼酎の代表、チャミスルと出会って、甘酸っぱさと清涼感はアップ、飲むことへの負担はダウン。誰でも気軽にお飲みいただける商品です。
甘さも華やかに咲き誇る梅酒 - Jinro Maehwasoo
Jinro Maehwasooが咲く日、 甘さも華やかに咲き誇る。高品質の厳選された青梅を使用して低温冷凍ろ過した梅のエキスで甘い梅の香りと滑らかな味を楽しめます。また、華やかな梅の花びらをイメージした洗練されたデザインでお酒の場がさらに華やかになります。
スペイン産レッドワイン原液で味と香りが豊かなワイン – Jinro Wine
長い間、韓国人の心を掴んできたJinro Wineは世界3大ワイン生産国のスペインの高級品種を使用して、豊かな香りと味を持ちながらお手頃な価格で楽しめるハウスワインで愛され続けています。

焼酎取り扱い常識

  • 01
    焼酎開栓時のご注意
    焼酎を開けるときは親指と人差し指だけでボトルキャップの上部を取り
    (開栓時にご注意)、反時計回りに回してください。
  • 02
    焼酎の保管方法
    保管するときは高温多湿・直射日光を避け、風通しの良い暗くて涼し
    い所に保管してください。
  • 03
    焼酎に含まれるステビア
    ステビアはキク科の多年生植物で、爽快な甘さを持つ天然ハーブ植物です。砂糖の200~300倍の甘味度を持っていながら、ほぼカロリーゼロという特徴があります。
    酒のアルコールとステビアの強い香りは虫の好きな香りです。

    ※ ステビアの天然甘味料成分のため、お飲みの際に焼酎に虫が飛び込むことがありますので、ご注意ください。

  • 04
    焼酎は化学酒だ? - 違います
    焼酎は便宜上「希釈式焼酎」と呼ばれているため、消費者だけでなく一部の専門家さえも単に水とアルコールを混ぜたローグレード酒または化学酒と誤解することがありますが、これは製品の特性を正しく反映した用語ではありません。焼酎は米、大麦、さつま芋、タピオカなどの穀物を使い、発酵と蒸留をして不純物を取り除いた酒精から造られるので、穀酒と言えます。「現代式焼酎」の方がより正しい呼び方だと言えます。
  • 05
    焼酎が石油くさい?どうして匂いがする?
    石油類や化粧品などは揮発性が強く、焼酎瓶のボトルキャップは微細な気体が通れるため、揮発した気体が焼酎瓶の中に混入する可能性があります。そのため、焼酎から不快な匂いがすることがありますので、密閉された場所で一緒に保管しないでください。
  • 06
    焼酎瓶のキャップを回して開けたら瓶口が割れてしまいました。どうしてですか?
    焼酎瓶はガラス製のもので、流通中または取扱中の軽い衝撃によっても瓶口、ネック、瓶底などが破損するおそれがあります。これらの破損によってケガをするおそれがありますので注意が必要です。破損品を見つけたときは召し上がらず、ご購入先または店主に交換要請をしてください。
  • 07
    焼酎からガラス破片が出ることがありますか?
    焼酎グラスを重ねて収納しているお店の場合、焼酎グラス同士を離す際にグラスが割れる、または外部からの衝撃によって割れたガラス破片が見つかることもあります。これは製造工程ではなく流通過程での問題です。
  • 08
    焼酎の容量許容基準は?
    韓国の食品医薬品安全処告示によると、赤い基準線より上であれば正常です。
TOP