TOP

HITEJINRO

일품진로

Ilpoom JINRO

蒸留式焼酎

過去の市場環境
1965年の糧穀法施行後、蒸留式焼酎の伝統が途絶えました。希釈式焼酎が国民酒、経済的な大衆酒として発展していく中で、蒸留式焼酎は1991年の免許開放以後もなかなか市場に定着することはありませんでした。
現在の位置
希釈式焼酎の発展は酒精産業の発展を導き、酒精品質を向上させ製品を平準化させました。90年代後半期からメーカーの競争で度数が下がり、蒸留式焼酎に対する記憶と概念が完全に変わりました。しかし日本の場合はかえって維持されており、現在は蒸留式焼酎が優位です。最近多様な酒類の輸入(日本の清酒、蒸留式焼酎、ウォッカなど)と人口減少、高齢化、高級酒類志向、多様な消費パターンなどの要因で蒸留式焼酎は危機と同時に機会を迎えました。
未来の方向
今はまさに韓国焼酎の発展と品質を向上させる転換点。 混合焼酎で始まり、伝統蒸留式焼酎に発展させつつ、現代的な味と香りを反映させなければなりません。品質の高級化、多様化により高付加価値を創出し、世界化をリードする。そんなIlpoom JINROを目指します。

ENJOY IIPOOM JINRO

  • 美味しく楽しむ
1. 五感が楽しい特別な時間
ほのかな琥珀色は目で、木の香りは鼻で、最後に一品の味と風味を口で楽しんでください。Ilpoom JINROは五感が楽しい特別な時間を作ってくれます。
2. グラスの2/3まで入れます
Ilpoom JINROの専用グラスは一般グラスに比べると口が狭いです。その香りを逃さないために。一杯まで注がずに、1/3スペースを残すのがポイント。グラスの口に漂う香りが味を更に豊かにしてくれます。
3. 飲む前に2分ほど、待ちましょう
豊かな香りをもっと感じられるように、冷蔵庫から出して2分ほど待ちましょう。
4. 一番美味しい温度は8~10℃
一般焼酎より1〜2度高い温度にすると、よりまろやかでいい香りが楽しめます。冷蔵せず室温で飲んでも深く豊かな味を感じることができます。
Others
- Ilpoom JINRO+炭酸水+氷: 夏にはキレイで弾ける味と香り。気楽に楽しみたい方へ
- Ilpoom JINRO+お湯: 冬は口の中も温かく。その香りが木の温かさを感じさせてくれます。

PRINT

TOP